AmperetimeAmperetimeAmperetime

Ampere Time

01-09-2022

リン酸リチウム電池と鉛蓄電池の区別

リン酸リチウム電池と鉛蓄電池の区別

地球温暖化が進む中、人類は地球への関心が増えつつあります。脱炭素社会へ向け、企業の経営戦略にも温暖化対策をはじめとする環境要素を織り込むことは重要な課題となっています。

Ampere Time会社はリン酸鉄リチウムオンバッテリーを取り扱っております。

従来の鉛蓄電池に比べて、一体どんな区別がありますか。

(ー)鉛蓄電池とは

鉛蓄電池は負極に鉛、正極に二酸化鉛、電解液に希硫酸を用いた電池です。鉛蓄電池の由来は100年以上の歴史があり、主に自動車のバッテリーや、またバックアップ電源としても用いられています。また防災・防犯システム、ソーラーシステムも使用されています。

(二)鉛蓄電池のデメリット

1.重量の悩み 鉛蓄電池の価格はリン酸鉄リチウムイオンバッテリーに比べて、価格が比較的安いと思いますが、リチウムイオン電池より重いです。外出したとき、例えばキャンプと釣りに行く時、不便と思う人は多いではないのかなという風に思っております。

2.エネルギーの悩み 鉛蓄電池を使用された時、数時間だけで電力が使い切ってしまう感想がよくありますよね。充放電を繰り返す中で性能もだんだん低下になります。

3.環境への悩み 鉛蓄電池の原料が鉛であるため、廃棄する時環境負荷の問題になりやすいです。

(三)リン酸鉄リチウムバッテリーの電池

1.重量の軽さ リチウムイオン電池はより軽量でエネルギー密度が高いです。

リン酸リチウム電池コバルト酸リチウム
エネルギー密度90~120Wh/kg150~240Wh/kg
サイクル寿命2000~4000 サイクル200~500 サイクル
安全性釘差しで熱暴走なし、
ガス発生HF(ハフニウム)のみ
安定→安全
釘差しで水素が発生し、
 熱暴走あり 危険

2.環境への配慮 リチウムイオン電池の主な材料であるリチウム、炭素、マンガン、ニッケル、コバルトなどの物質は環境に対する負荷が低いと言われています。

3.寿命の長さ リン酸鉄リチウム電池の寿命は約鉛蓄電池の4倍です。鉛蓄電池のリサイクルは約800-1200サイクルですが、リチウムイオンバッテリーの寿命は4000 サイクルぐらいです。

3.弊社のリン酸鉄リチウム電池と従来の鉛蓄電池の比較

鉛蓄電池リン酸鉄リチウムイ電池リン酸鉄リチウム電池
 バッテリー容量(Ah)12V400Ah12V200Ah12V400Ah
80 %放電のサイクル回数300-600回2000-4000回2000-4000回
寿命容量(Ah)120000-240000Ah400000-800000800000-1600000
寿命(年)5年10年10年
コスト削減率- 66 %削減75 %削減
補水作業・管理必須不要  電気代が20%~30%削減可能不要  電気代が20%~30%削減可能
タイトル
注文備考を追加するエディットノート
クーポンを追加する

クーポンを追加する